法定12か月点検

12か月毎に行う法令で定められた点検整備です。12か月点検では「走る・曲がる・止まる」という基本性能を保証するために、足廻りや下廻りの入念な点検整備(分解整備)も行います。故障が発生する前の予防治療が安心してお乗りいただくためのポイントです。〈整備保証付〉

※点検項目は、車種や構造、ご使用状況で異なります。

エンジンルーム

検査対象

エンジンオイル/冷却水/エアフィルター/スパークプラグ/パワーステアリングベルト/ファンベルト/バッテリー/排気/コモンレール噴射システム

検査項目

エンジンオイルの漏れ、量

■冷却水の漏れ

■パワーステアリングベルトの緩み、損傷 ■ファンベルトの緩み、損傷

■バッテリーターミナル部の接続状態

排気の状態

●コモンレール噴射システムの噴射量補正(対象車両のみ)

■:必須項目 □:走行距離によって省略できる項目 ●:マツダが指定する点検項目

室内

検査対象

ブレーキペダル/ブレーキ/パーキングブレーキ/クラッチペダル/カメラ&モニター

検査項目

ブレーキペダルの遊び、踏み込んだ時の床板との隙間/ブレーキの効き具合

パーキングブレーキレバー(ペダル)の引きしろ(踏みしろ)

クラッチペダルの遊び、切れた時の床板との隙間

●カメラ&モニターの機能(直前直左視界の確認) ※対象車両のみ

■:必須項目 □:走行距離によって省略できる項目 ●:マツダが指定する点検項目

下廻り

検査対象

プロペラシャフト/ドライブシャフト/ブレーキホース、パイプ/トランスミッションオイル/トランスファーオイル/エキゾーストパイプ、マフラー

検査項目

□プロペラシャフト、ドライブシャフトの連結部の緩み

■ブレーキホースおよびパイプの漏れ、損傷、取付状態

□トランスミッションオイル、トランスファーオイルの漏れ、量

□エキゾーストパイプ、マフラーの取付の緩み、損傷、腐食

■:必須項目 □:走行距離によって省略できる項目 ●:マツダが指定する点検項目

足廻り

検査対象

ブレーキマスターシリンダ/ブレーキホイールシリンダ/ブレーキディスクキャリパ/ブレーキディスク/ブレーキパッド/ブレーキドラム、ライニング/ブレーキシュー/タイヤ/ホイールボルト、ナット

検査項目

■ブレーキマスターシリンダの液漏れ■ブレーキホイールシリンダの液漏れ■ブレーキディスクキャリパの液漏れ

□ブレーキディスクとパッドとの隙間□ブレーキパッドの磨耗

□ブレーキドラムとライニングとの隙間□ブレーキシューの摺動部分およびライニングの摩耗

タイヤの空気圧/亀裂/溝の深さ/異物、異常摩耗

■:必須項目 □:走行距離によって省略できる項目 ●:マツダが指定する点検項目

シビアコンディション

マツダが指定する「クルマにとって負担が大きい使われ方」(山道、悪路、走行距離が多い等)の場合におこなう点検整備です。

検査対象

ステアリングギヤボックス/ブレーキディスク/ブレーキドラム/サスペンション/ロッド、アーム類/ドライブシャフトブーツ/燃料

検査項目

●ステアリングギヤボックス取付の緩み

●ブレーキディスクの磨耗、損傷

●ブレーキドラムの摩耗、損傷

●サスペンション取付部および連結部の緩み、がた、損傷●ロッド、アーム類/ボールジョイントのダストブーツの亀裂、損傷

●ドライブシャフトブーツの亀裂、損傷

●燃料の漏れ

■:必須項目 □:走行距離によって省略できる項目 ●:マツダが指定する点検項目