2016年入社
安達 加奈

マツダで働きたいと思ったきっかけは、
中学生のときに見たロードスター。

家族がレースに出場するほどのクルマ好きだった影響で、私も小さいころからクルマが大好きでした。そして、中学生のときに初代のロードスターというマツダのクルマを見て大きな衝撃を受けたんです。クルマの知識は全然なかったのですが、見た目が「ほんとうにかっこいい!」と思ったことを覚えています。そこから何年かたって就職活動の時期になったときに、「マツダは自分たちが乗って面白いと思えないクルマはつくらない」という独自の姿勢でクルマづくりをしていることを知りました。その想いに強く共感し、ここだと思って東海マツダ販売に決めました。今は、念願のロードスターが愛車です。

クルマを売るだけではなく、
買っていただいたあとの
お付き合いをとても大切にしています。

ほしいクルマがある方にそのクルマを買っていただき、ありがとうと言われるのはもちろん嬉しいですが、迷っていた方に「あなたが最後に背中を押してくれたからマツダにした」と言われると、この仕事に就いて本当によかったなと思います。特に女性への接客の際には、女性だからこそケアできる部分や、相談をしやすいということがあると思うので、そのあたりをしっかりサポートできるように心がけています。また、購入後も「ちょっと近くに寄ったから会いに来た」といってご来店くださることもあって、そのときはとても嬉しいですね。やはり買っていただいてからが長いので、接客と同じくらいその後のお客さまとのお付き合いも大切にしています。

成長を実感したのは、
「しっかりしたね」という
お客さまからの言葉でした。

正直、自分で成長したなと感じるよりはお客さまに気づかせていただくことが多いです。買っていただいてから1年ぶりぐらいに会うと「しっかりしたね」と言われることがあります。そう思ってもらえるのも、お客さまに最適なクルマをご提案するために人一倍勉強をして商品知識を覚えたり、たとえ営業が大変でもとにかく楽しく働こうと決めて業務に打ち込んだり、ずっと努力を続けてきたおかげなのかなと思います。ディーラーといえば男性社会というイメージを持たれると思いますが、現在東海マツダ販売では色々なことが改善されていて、すごく働きやすくなっています。みんな仲が良く、楽しくやっていきたいと思っている人にはいい会社だと思いますので、ぜひ来てくださいね。

1日の流れ
休日の過ごしかた

休みの日は、ドライブが多いですね。もちろんロードスターありきで、温泉に行ったりしています。クルマで行けないところはあまり行きたくないので、目的地はちゃんと決めてお出かけしています。

OTHER INTERVIEWS