エンジンオイル中に含まれるカーボン、高温酸化によるワニスやスラッジ、摩耗したエンジンの金属粉等を除去し、ろ過してきれいなオイルをエンジンに供給する役割を果たしています。種類としては、筒型をしたカートリッジタイプとろ紙のみを交換するエレメントタイプがあります。

マツダ車の車両特性に合わせた専用開発/設計で性能・信頼性に優れています。
ろ過面積が広く、長寿命です

エンジンオイル交換のみ繰り返すとフィルタ内には、0.5リットル程度の古いオイルが残っている為、新しいオイルを早期に劣化させてしまいます。また、高性能オイルや新品オイルに交換しても、その効果は半減してしまいます。
フィルタが目詰まりすると、フィルタをバイパスしたろ過していないオイルがエンジン各部に送られるため、エンジン各部の摩耗が進み、異音が発生します。最悪の場合、エンジンが焼き付き、動かなくなります。

エンジンオイルと同時に交換することをお勧めします。

快適にご使用いただくため早めの交換をお勧めします。
車種や使用状況により交換時期が異なりますので、詳しくは、店舗スタッフにご相談ください。